脱毛による医療とサロンの違い

 

自分で脱毛するのも面倒だし、綺麗に脱毛がしたいからとプロの施術を受けたいという女性はとても多いです。
ですが、脱毛と言っても美容外科や皮膚科などの医療のプロと、エステなども受けられる美容のプロのサロンなど様々な場所で施術を受けることができるのです。

 

一体この2パターンにはどのような差があるのでしょうか?

 

大きく差があるのは、脱毛の効果です。
美容外科や皮膚科で受けた方が効果が高く、ほど半永久的に脱毛ができますが、サロンで施術を受けた場合、脱毛が終わるまで時間がかかりますし、また生えてきてしまうという欠点があります。
ですが、その分価格がお手頃というメリットも存在するのです。
この差は一体何でできてしまっているのか。

 

答えは「毛の根本部分に与える刺激の強さ」です。

 

 

病院で行われる脱毛のほとんどが、「レーザー脱毛」です。
いわゆる永久脱毛と言うもので、1度施術が完了すればもうほとんどムダ毛の処理は不要になります。
毛の根本部分に強いレーザーを当て、根本部分を焼き尽くすというものなので、その分威力が強いのです。
一見、「肌大丈夫?」と思ってしまいますが、医療免許を持った医師が施術をするので安心できるのも魅力の1つです。
少しお値段が高めになってしまいますが、回数も少なくて済みますし、安心感もあるので選ぶ方もとても多いですね。

 

では、サロンはどうなのでしょうか。
サロンは、レーザーと同様に光を使って毛の根本部分に刺激を与え脱毛するという「光脱毛」が主流となっています。
確かに脱毛効果はあるのですが、医療用のレーザー脱毛と比べて威力が弱く何度も通わないといけないのが欠点の1つです。
以前はサロンでも医療用のような強く出力をしていたのですが、脱毛ブームが到来しサロンが増えてから火傷や跡が残ってしまったという事件が増えてからサロンでは一定のレベルでしか出力ができなくなってしまったのです。
あまりにも出力が大きいレーザー脱毛は医療行為、少し出力を弱めた光脱毛は美容行為というラインが作られているのです。

 

この2つは、通う頻度や金額など差は明らかです。
ですが、人によって脱毛に求めるものは異なりますので人に左右されず自分に合うものを選んでみてはいかがでしょうか?