女性の新しいマナーとなっているハイジーナ

ハイジーナ。最近アソコ周りの脱毛処理でいろんな単語が飛び交っていますよね。
そもそもこの言葉は衛生という「ハイジーン」という単語から生まれたものです。
他の言い方だと「Vライン脱毛」という言葉が聞きなれたモノでしたが最近は「VIO脱毛」になりましたね。

 

 

最初にその意味を知った時は驚愕しましたが、今や誰でもハイジーナがカンタンに出来るようになり、お値段もそんなに高くない。
アソコ周りの太い体毛は自分で処理しても毛穴のブツブツが気になったり、IO部分に関しては見えないので処理も難しい…。
それに自分で見えない部分を大切な時に彼に見られてしまうかもしれないなんて恐怖ですよね。
そう考えると手足や脇に比べ「身だしなみ感」が強いなと思うので、ハイジーナはお化粧と同じような扱いになっても良いのではないでしょうか

 

夏になり海やプールに行く前の「あ、処理しなきゃ。面倒くさい」や、急に気になった男性とデートでお泊りコースになってしまった展開になっちゃった時の「ヤバい!どうしよう」そんな心配や焦りが無くなってストレスも無くなるでしょう。

 

生理時の不快感も軽減できますし、ハイジーナはしておいて悪い事はありません!
処置してくれる方が女性とはいえ恥ずかしい気持ちは否めませんが、いざっていう時に大好きな人に見られたり、急な病気や事故などで男性の先生に見られてしまう事のほうがよっぽど恥ずかしいですよ!

 

人に見られる所を綺麗にすることも大切ですが、普段見せない所でも綺麗にしておくのも女性のマナーですね。